35歳で借金300万円を負いました。
金融機関は5か所です。

 

それから債務整理を行ってもらい、
借金返済をしていきましたのでその体験を記載します。

 

 

債務整理をするのに年齢は関係ない

 

債務整理に年齢制限があるかというとそんなものはありません。

 

なので借金してしまったら返済するしかないので
いかに毎月の生活をしながら返済できるようにしてもらうかを
弁護士に相談して債務整理をしてもらいました。

 

年齢でいえることは、
若いうちの借金はまだましだということくらいでしょうか。

 

若いうちに返済する方が借金返済後の時間が多いので、
なるべく早く返済したいですよね。

 

返済には5年かかります。

もちろんこれより早く返済することは可能ですが、
返済プランは5年で組まれることが多いです。

 

その時にデメリットというか債務整理をすると、JICCやCICの信用情報機関に
その情報が登録されて、新規借入ができなってしまうんですよね。

 

いわゆる「ブラックリストに載る」というやつです。

 

ブラックリストとして載ってしまうと貸金業者は
新規の借り入れの申し込みを受けた時に信用情報機関の登録情報を確認して
ブラックリストに乗っていないかを確認します。
そして登録があると貸し付けしないという流れになります。

 

でも借金返済中に新たな借金をするというよりかは
コツコツ返していくべきでしょうし、カードが使えなくなるのは痛いですが、
現金主義の方がお金がたまるというのは定説なのでがんばりましょう。

 

5年後に自分が幸せや笑顔を取り戻していることを想像して、前向きにいきましょう。

 

 

 

債務整理して良かったこと

 

借金の返済が容易になったことはもちろんですが、
自分自身をよく知れたことが一番なのかもしれません。

 

私はお金にルーズでした。

 

お金を借りてしまうことの重要度

お金を稼ぐことの大変さ

お金を返すことの辛

 

実際に借金を背負って返済するという体験をしなければ一生得ることのできない経験をしました。

 

借金をしてしまったこと悩むよりもこれから借金しない、どうやって返済するか?を考えて生活していました。

 

自分が駄目人間だとかは思わないようにしました。
借金と優秀な人間かどうかは関係無いと思います。
優秀な人でも多額の借金を抱えて自己破産や任意整理に至るケースはよくありますよね。
だから今の自分をあまり責めないでください。

 

私的にはこの年齢でお金の扱い方を学ぶことが出来たのは、
今後の人生においても非常にプラスでした。

 

 

 

同じように借金で苦しむ人はいるの?

 

私はTwitterで同じ借金を持つ人たちとつながることで
孤独な借金返済の生活をがんばれました。

 

借金をしていることはなかなか誰にでも打ち明けられることではありません。

どんなに自分が大変だとしても褒めてくれる人はいませんし、
同じ境遇にいない人からすると自業自得だとしか思って貰えません。

 

でもそんな時はネットをうまく活用してください。
債務整理の件数は、年間50万件とも言われているので、それくらいの仲間がいるということです。

 

2015年12月で私はすべての借金を完済いたしました。
完済したときの充実感や達成感は、言葉に言い表せないものでした。
ちょっとした虚無感すらありました。
5年間コツコツ1つのことを継続するということは大変なことです。

 

借金を返したということはそれと同じくらいの金額を貯金する能力が自分にはあるということです。

 

それがわかったときに自分にはじめて自信が持てました。

 

 

まとめ

借金を完済できたときの達成感を忘れずに今後は貯金する習慣にしたいと思います。
債務整理をして本当に良かったと思います。
自分一人ではとても借金を返済できませんでした。
弁護士さんに任意整理してもらい返済プランを考えていただき
そのおかげでコツコツ返済できるようになりました。

 

私がお世話になった弁護士さんを最後に紹介して
終わりにしたいと思います。

 

⇒ お世話になった弁護士さん